LIBOOlog

宮城県を拠点に音楽活動しているLIBOOって書いてリブって読む人の他愛ない話。

最期の歌

最期の歌

 

最期の最期 歌う歌は どんな歌だろう

感謝の歌か呪いの歌か 優しい歌 悲しい歌

いつになるのか 生涯の果て いずれ辿り着く

喜怒哀楽や 山や谷を 何度も越えて来たし 行くんだろう

 

順風満帆かと思えば 気づかぬ内に死にかけて

不安と恐怖のどん底で どこまで笑ってられるか勝負

 

曖昧模糊とした世界 確定事項無い未来

今こんな事をしているのは 最期の歌を作るため

大きく息を吸い込んで 心臓はまだ動いている

まだまださ これからだ

最期の歌はこれじゃない

最期の歌はこれじゃない

 

 

曖昧模糊とした世界 確定事項無い未来

今こんな事をしているのは 最期の歌を作るため

頼りない弁が押し出す血 未来を指差す先まで駆けめぐれ

生きていくんだ これからも

最期の歌を作るため

最期の歌はこれじゃない

 

最期の歌はまだこれじゃない

 

2015年10月26日

LIBOO a.k.a 高橋 義仁

広告を非表示にする